02 11月

2021人気の 旋削鋼軽切削用SHブレーカ付インサート 三菱 CVDコーティング TNMG160404-SH:UE6020 10個 UE6020 チップ

翠の窓vol.181

レモン考・その2


究極のレモンティ

 

レモンの香りに弱い・・・ その香りに触れると、社会人になって間もなく、横浜で一人暮らしを始めた頃に瞬時に引き戻されてしまうのです。

それまで住んでいた田舎では、ほとんど使うことのなかったレモンは、横浜での一人暮らしの身には、よほど魅力的なものだったのか、大好きな紅茶に入れたり、ハチミツ漬けにしてみたり位の使い方しかしていなかったと思うのに、その香りは、私にとって、あの若かった時代をパノラマのように思い出させる手品のたねのようです。

遊佐に移り住んで、またレモンからは少し遠ざかっていましたが、2・3年前から、神奈川の知人が育てている無農薬レモンを手に入れることができるようになって、レモンがまた身近なものになってきました。

昨年は、「レモン酢」(翠の窓vol.172)を知り、以来、レモンは無くてはならないものになっています。

同じ頃、有元葉子さんの本で「イタリア式レモンティ」を知り、レモンは更に日常生活に定着してきました。

それは大きめのマグカップに、レモン2分の1個(皮ごとそのまま、または ざく切り)とハチミツかメープルシロップを多めに入れて、スプーンで皮ごとガンガン押しつぶし、レモンの香りと果汁が沢山出たところへ熱い紅茶を注ぐという豪快なもの。正に目から鱗の、これぞレモンティという究極のレモンティです。薄切りのレモンを一枚紅茶に浮かべてい

たあれは、いったい何だったのか・・・

あなたが紅茶好きのレモンティ派でしたら、是非一度試してみてください。きっとビックリレモンティの世界観がひっくり返ってしまうことでしょう。

レモンの魅力はまだまだ沢山。次のレモン考をお楽しみに。 (Y)

※レモンは、皮まで使いますので必ず防腐剤・ワックスを使っていない国産のものを用いてください。

02 11月

三菱 旋削ステンレス鋼荒切削用GHブレーカ付インサート CVDコーティング US735 10個 CNMG120412-GH:US735

                       翠の窓vol.180

Suiの窓から

         
 

新年おめでとうございます。

 

1日の朝は、早目にストーブに火を入れて、初日の出を待つのがSuiの恒例になっています。

 

今日は、空一面グレーの雲が立ち込めているものの、大晦日からの積雪もなく、静かな朝を迎えました。

皆様にも、新しい希望を持って佳いお年をお迎えのことでしょう。

 

昨年末に行われた、山形県全市町村のCM大賞コンクールで、遊佐町のCMが大賞を受賞しました。一昨年に続く大賞2連勝の快挙です。

放映直後に「Suiの窓が出ていましたね。」と、お電話をくださったお客様がいます。実は、この大賞2作品共に、Suiがささやかに関わっていたのですが、お気付きでしょうか。

2016年の「おでこ」の作品は、Suiの窓の前の畦道で撮影、2017年の「郵便番号999」の作品の冒頭、親子が窓ふきしているのはSuiの窓です。どちらも鳥海山がバックにそびえ、遊佐町らしさをアピールしています。

製作の中心となったのは、遊佐町地域協力隊の若者達、そのセンスと活力に大きな拍手をおくっています。


7時30分:

東の空は、まだ雲が立ち込めているものの、大分明るくなってきました。姿は見えないものの初日の出が確かに上がっているのでしょう。

今年も、Suiの窓から、鳥海山と田園のパワーをお届けします。穏やかな1年となりますように。

     (Y)

02 11月

レア!Herbs and Stones Gentle Wham ドラムマシン

あ様専用

ハービー・ヤングさんを偲んで

         
 

玄米コーヒー、玄米コーヒー豆乳ラテをお出しすると、「わあ、かわいい。」「素敵なカップねぇ。」などと、まず そのカップに感激してくださるお客様が少なくありません。

 使っているのは、ハービー・ヤングさんのモーニングカップです。

 ハービーさんは、サンフランシスコから益子(栃木県)に移り、築窯して作陶していましたが、一昨年思いがけない病で急逝されました。

 その少し前、東日本大震災で、窯や家屋に大きなダメージを受けながら、やっと復旧にこぎつけ、本格的に作陶を再開されていた矢先のことです。またいつでもハービーさんの器を手に入れることができると楽観していた私共にも大きな痛手となりました。

 ハービーさんが亡くなって3年が経ち、この度、奥様が遺作展を開いてくださるというので、先日、益子に出かけてきました。

 遺された懐かしい作品の中から、人気のモーニングカップと大皿を譲っていただきましたので、間もなくSuiでも展示し、ハービーさんを偲びつつ、皆様にもご覧いただきたいと思います。

 ハービーさんの器は、益子焼特有の飴釉などを残しつつ、そのデザインは、和風のものとは大きく一線を画すモダンなデザインで、多くのファンを魅了していました。Suiでは、オープン当初よりハービーさんの器をご紹介してきましたが、お客様の中には、すぐに大ファンとなり、10数種類の色柄のあるモーニングカップを、すべて購入された方もいらっしゃいます。

 ふっくらした大ぶりのモーニングカップは、出会って以来我が家でもずっと愛用しています。口にあたるふちのそり具合や取っ手の持ち具合は、研究を重ね、試作を重ねてたどり着いたものとのことで、とても使いやすい形状になっています。きっと、あなたの大切なマイカップにもなってくれることでしょう。

 ハービーさんの作品に出会える最後の機会となりますので、大勢の皆様に、是非手に取ってご覧いただきたいと願っています。(Y)

02 11月

蛍光フローライト・結晶原石70mm-147g(ダイアナマリア鉱山産)

                     翠の窓vol.178

炎のインテリア 

         
 

 

 鳥海山山頂付近の雪は、もう根雪になるのでしょうか。紅葉の紅い帯も裾野まで降りてきて、里山は初冬の装いに変わってきたようです。

 暖房の恋しい季節、Suiに新しいストーブがやって来ました。ノルウェー・ヨツールの新しいモデルです。

 余計な装飾は一切無く、これ以上シンプルにできない程シンプルな直方体。内部の構造も、扱い方も超シンプル、これだけでいいの?と思う程で、ストーブも進化しているのだなぁと感心してしまいます。

 燃焼効率がとても良いらしく、特別なコーティングで煤が付きにくい三面のガラス窓を通して、いつもきれいな炎を眺めることができます。次々に変わるアートのような炎の色や形は、見飽きることがなく、炎のインテリアと呼ばれるのもうなずけます。

 Suiにとって、心地よい室内維持に欠かせないストーブは、冬の大事な”スタッフ”です。冬景色と共に暖かな炎をお楽しみいただけることでしょう。

 ギャラリーは、本日より鈴木美枝子さんの、Suiでは初の絵画展です。日本画部門・洋画部門いずれも数々の受賞を重ねている山形県美展を初め、新日本美術院展などでの受賞など、永年にわたり活躍を続けてこられました。

ごゆっくりご覧ください。

   (Y)

02 11月

トートバッグ レディース ショルダーバッグ 肩掛け 手持ち バッグ ストライプ 韓国風 鞄 通勤 通学 かばん キャンバス a4 大きめ おしゃれ 大人可愛い 30代 40代

                      翠の窓vol.177

九谷へ         

 

 昨日は、金沢に出かけてきました。

 車窓からは、台風一過の波静かな日本海、田園の黄金の波が眺められ、おだやかな日本の初秋を味わうことができました。

プレステー4

 しばらく前に、九谷焼の豆皿を紹介しているカタログを見る機会があって、Suiに置いてみたいと考えていたのです。石川県で活躍する女性グラフィックデザイナー集団「金澤女子店舗」が考案したデザインを若手の女性上絵職人が九谷焼の器に再現したという豆皿は、九谷焼の色を鮮やかに駆使しつつ、とても軽やかに仕上げています。調味料を入れて手塩皿としたり、小さな菓子をのせて銘々皿として使ったりすると、いつもの食卓に明るいアクセントをもたらしてくれることでしょう。

 作品が届き次第、展示いたします。

 

 九谷陶泉の一隅には、西洋の指ぬきと言われる「シンブル」がたくさん並べられていました。

 革や金属製の実用的なものに発し古い歴史を持つシンブルは、ヨーロッパでは、陶磁器製の観賞用としてのものの人気が高く、ウエッジウッドやマイセンなどの有名メーカーも、様々なデザインのものを作っているそうです。

ナイキ エアマックス98 28.5

 Suiでは3点の作品を展示していますので、手にとってその繊細な絵付けの様をご覧ください。お取り寄せが可能です。  (Y)  

02 11月

(フック)HHH スイベルファンドリーフックラッチ付 3t YF3

                      翠の窓vol.176

柳原良平「海と空と船」

 

柳原良平と聞いて、すぐにその人物を思い浮かべられるのは、限られた年代の方になってしまったことでしょう。

 中高年の高に部類される私にとっては、「あゝ、あのトリスの・・・」と、アンクルトリスの独特の風貌が即座に思い浮かびますけれど・・・。寿屋(現サントリー)の宣伝部でデザイナーとして、開高健や山口瞳と共に、一世を風靡し、一時代を築いたのが柳原良平です。

 アンクルトリスと共に思い浮かぶのは、船舶の絵です。世界の帆船や客船をデフォルメして描いたものは、その色合いもシンプルで、一見して柳原さんの船とわ  酒田港 コスタロマンチカ

LAURA ASHLEY - フランス アンティーク調 ジュエリーケース

 先日、酒田港に入港したイタリア船籍の大型客船を見に行きました。動くビル・動く街さながらの大型船で、さすが港町っ子の酒田市民の方々が大勢見に来ていて、歓迎ムードを高めているようでした。

 Suiの店内でも、お客様が、入港の前後にこの船の話題にしているのが漏れ聞こえてきて、客船に関心を持つ方々が少なくないことを伺い知ることができました。

 そこで、この機会に、柳原良平の客船の絵(リトグラフ)を広く皆様にご覧いただくことにしました。

 大阪に育った柳原さんは、小さい頃から大阪港に行っては様々な船を見、そこに働く方々と知り合って、船のことを詳しく知るようになりました。世界のクルージングも体験しつつ描いた船は、大胆にデフォルメしながらも、その特徴を正確に描いています。

 この度、超一流のグラフィックデザイナーとして、一時代を築いた柳原さんの特色ある作品をご紹介できるのを嬉しく思っています。


Suiの脇の林では、昨年に引き続き、末宗美香子さんの「森のインスタレーション展」を開催中です。末宗さんが描き続けている人物は、妖精を思わせる色と動きを伴って、林の中で踊っているようです。

(Y)


『山の日』に

Tiffany & Co. - 【TIFFANY】小物入れ 11月

2021人気の 旋削鋼軽切削用SHブレーカ付インサート 三菱 CVDコーティング TNMG160404-SH:UE6020 10個 UE6020 チップ

                      翠の窓vol.175

アジサイとラベンダー 

       
 

庭の花を切り店に飾るのが、私の朝一番の仕事です。

今はアジサイとラベンダー。

アジサイは、少し日が高くなるとくったりしてしまいますので、起きてすぐ、まだ日差しがやわらかく、朝露をあびて元気なうちに切ります。

我が家の庭で一番初めに咲き始めるのは、白いアジサイなので、しばらくは店内も白いアジサイ一色、この状態が好きなので、毎年アジサイの季節を心待ちにしています。

近ごろは、種類も多く色とりどりに咲き乱れてきましたので、どれを切って飾ろうかと迷ってしまいますが、一番のお気に入りは、何と言っても「フェアリー・アイ」です。

数年前に鉢植えでいただいたものを、家人が挿し木で増やし、今年は、それぞれの株も大きくなり、花芽も沢山つきましたので、惜しげなく切ることができるようになりました。いただいたときは、きれいなピンク色でしたが、我が家の庭に植えたものは、ブルーと赤紫まじりのブルーになりました。

これを店内で初めて見るお客様の中には、バラのような華やかさに、アジサイとは思わず、これもアジサイと聞いてびっくりされる方が毎年何人もいらっしゃるのが恒例です。

「フェアリー・アイ」は、夏の終わりから初秋にかけて、秋色に変化していくと、それはまたシックで素晴らしい色になっていきますので、それも大きな楽しみなのです。

ラベンダーも、から挿し木で我が家に定着してきました。店内用には、花穂の下の方が2つ3つ開いた位のものを選んで、花入れに入れますと、ラベンダー色も華やかに冴えて、良い状態を保てます。少し日がたって、花穂の花が1つ2つ茶色く変わり始めてしまうと、もう興ざめで、飾ってもあまりきれいに思えません。長く咲いていても、良い状態の期間は割と短いのです。

店に飾る以外にも、なるべくたくさん切り取って、お客様に自由に持って帰っていただけるように小さな束を作るのも朝の仕事です。帰りの車の中にただようほのかなラベンダーの香りが、この時季、Suiからのささやかなおみやげというわけです。

 アジサイに関しては、秋色になるまで”花の命はけっこう長い”ので、早朝の花仕事が当分続きます。

 お帰りに、Suiのアジサイロードをお楽しみください。

(Y) 

02 11月

★★〔20セット〕 キッチンバスケット/キッチン用品 〔Mサイズ〕 ブルー 材質:PP メッシュ形状 『HOME&HOME』〔代引不可〕★★

LagunaMoon - リバーシブルコート2wayリバーコートロングホワイトグレードロップショルダラグナ


  北から南から        

 

 北は北海道から南は沖縄まで、ゴールデンウィーク中から開催していた「石田典子水彩画展」の芳名帳からは、全国各地からたくさんのお客様がSuiを訪ねてくださったことがわかります。                  クマガイソウ

中には、1月下旬のTV放映(Sui周辺が紹介された)を見て、ゴールデンウィークの旅を、Suiを中心に計画して、さいたま市から来られたというお客様がいて、びっくりしました。

また、昨日は、人づてに知った遊佐の山野草の群生を見たいと、東京・福岡からわざわざ来店してくださったお客様もおりました。群生の素晴らしさに圧倒され、来年も必ず訪れると感激して帰られました。

緑の饗宴まっさかりの今、遠方からのお客様はもちろん、近隣のお客様も、Suiの目の前の鳥海山と田園の広がりには一様に感激されるようで、この美しい風景を大勢の方に見ていただきたいとの思いでSuiをオープンした私共の意図が果たされていることは大きな喜びです。

ただ、ゴールデンウィーク中は、来店者数が100名を超える日もあり、スタッフ二人だけの小さな店では手にあまる程の盛況ぶりは、喫茶店というより、ミニ観光地化したかのようで、お待たせしたり、せっかく遠方から来ていただいたのに少しのお話もできなかったり、申し訳なく思っています。

5月後半は、「中西麻子作品展」を開催いたします。

麻子さんは5才で子どもの絵のアトリエで初めて絵筆をにぎって以来、思いのままに描き続け、いつしか数々の賞を受賞するまでになりました。麻子さん独自の造形と鮮やかな色づかいは、とても楽しく、元気の気があふれてくるようです。

ゴールデンウィークの喧騒も落ち着きましたので、初夏のさわやかな気配を満喫しつつ、作品展をお楽しみください。  (Y)

02 11月

2021人気の 旋削鋼軽切削用SHブレーカ付インサート 三菱 CVDコーティング TNMG160404-SH:UE6020 10個 UE6020 チップ

                     翠の窓vol.173

 春のSuiギャラリーへ

 

 朝から空おおっていた雲がいつの間にかとれて、稜線や尾根のあちこちの雪が解け、昨日までは見えなかった地の黒い部分が一挙に増えている鳥海山が姿を現しました。

 笙ヶ岳には、種蒔きじいさんの頭から腰の一部があらわれてきています。稲の種蒔き作業を始めた話もちらほら伝わってきて、春もいよいよ本番へと向かう期待が高まります。

 4月末には、Suiは8周年を迎えますが、周年記念展として、恒例の石田典子さんの水彩画展を間もなく開催いたします。

 石田さんの親しみやすく優しい水彩画は、年々ファンを増やし、この時期の展示を心待ちにしてくださっている方も多いようです。今期は、椿を描いた小品がいろいろ届きましたので、『春・椿に寄せて』と題した展示会といたします。

 しばらく前から遊佐の土門尚三さんの著書「つばき散歩」もご紹介しているSuiの店内は、この春、椿づくしの様を呈することになりそうです。

 その後、5月下旬からは、中西麻子さんの作品展を開催いたします。

Suiでは初めてご紹介する中西さんは、5歳から絵画教室に25年間通いながら、独自の絵を描き続け、数々の受賞を重ねています。素晴らしい色の感覚、感受性豊かな表現をご覧いただけます。

 春から初夏へ、Suiの窓からの、春紅葉、早苗の緑、木々の若芽の柔らかい緑などに彩られた眺めと共に展示会をお楽しみください。 (Y)

02 11月

UK18-8T型角飾台28吋用 3-1185-8

                     翠の窓vol.172

 レモン酢・レモン塩

 

 昨年秋に、神奈川の知人が作っているレモン(ノーワックス、無農薬)を、沢山分けて頂くことがあって、しばらく前から気になっていた「レモン酢」と「レモン塩」を作ってみました。

「レモン酢」は、レモンを輪切りにして、氷砂糖を加えた酢に漬け込むというシンプルなものですが、全体がなじんだところで、お湯で割って飲むと、これが予想外のおいしさで、いっぺんで気に入ってしまいました。

レモン酢を紹介している本によると、血管が若返り、高血圧・糖尿病などの成人病を改善する効果があるとか、だとすれば、これを飲んでいればそれらの病気を回避できるのか!という期待もわきますが、それはさておき、日に2度3度と飲みたくなるおいしさにはまっています。

先日、朝起きたらくしゃみ・鼻水という症状があって、ふっとビタミンC+ハチミツが最強のサプリメントだとの情報を思い出し、レモン酢(これぞビタミンC)にハチミツを加えて(おいしさ倍増です!)飲んでみましたら、なんと2時間もしないうちにこの症状がおさまっていて、その即効性にびっくりしました。

ドリンクとしての他にも、サラダのドレッシングを作るのにレモン酢を使うと、ほのかな甘さと香りが加わり、爽やかで一段とおいしいドレッシングになります。

数年前ブームになった「レモン塩」は、それを使うレシピは限られているのではとの思い込みで、手を付けることがなかったのですが、あにはからんや、これがすぐれた万能調味料であることがわかりました。

初めて使ったのは「イカのフリット」。漬け上がったレモンの果実の部分をみじん切りにしたものをふりかけてみたら、あら~っとびっくり、とびっきりのおいしさです。その他、エビでも肉でも魚でも使い方次第、とてもおいしくお洒落な味に大変身して、これまたはまってしまい、今や我が家のマイブームになっています。

漬け上がったレモン塩は、果実の部分の他に、レモン汁の部分やレモン汁が溶け込んだ塩の部分ができますので、料理によってさまざまに使い分けられるようです。

マンネリ化している我が家の食卓に、予想外のおいしさを届けてくれている「レモン酢」と「レモン塩」、まだまだ進化が期待できそうです。  (Y)

《作るなら》

FEAR OF GOD - [新品]FOG Essentials 2020SS スウェット Lサイズ

※参考書:「レモン酢でやせる❢ 病気が治る❢」マキノ出版

VOYANCEENLIGNE-GRATUITE.INFO RSS